NEWS

Dec 25, 2021 11:23 pm

稲葉洸太郎コーチが日本サッカー協会の初代「フットサル普及担当コーチ」に就任!

文京 LB レディースのコーチであり、東京ユナイテッドソレイユFCのテクニカルコーチである、
稲葉洸太郎が日本サッカー協会の「フットサル普及担当コーチ」の初代担当に就任することが決定しました。

フットサル普及担当コーチの主な業務は「フットサルの普及活動」と「フットサルを通じたサッカーの普及活動」とされており、元フットサル日本代表の稲葉コーチはサッカーとフットサルの融合を図りながらフットボールのさらなる普及・発展、また日本全体の技術向上のための活動も行います。

育成年代の指導現場では「サッカーの技術向上にフットサルが生きる」と語られていますが、稲葉コーチは育成年代のサッカー・フットサルの指導実績を持ち、フットボール技術の向上を伝えるフットサル流アプローチも得意としており、サッカーとフットサル、あるいは他業種との橋渡し役としても期待されています。

稲葉コーチプロフィール(文京LBレディース)

稲葉コーチプロフィール(東京ユナイテッド ソレイユ FC)

■稲葉洸太郎(いなば こうたろう)
【生年月日】1982年12月22日
【サッカー/フットサル歴】暁星高校サッカー部-渋谷ユナイテッド-FIRE FOX-バルドラール浦安-Thai Son Nam(ベトナム)-フウガドールすみだ-Y.S.C.C.横浜
※2004-2016 フットサル日本代表
※2012/2014 AFCフットサル選手権出場(2連覇)
※2008/2012 FIFAフットサルワールドカップ出場
※2012 FIFAフットサルワールドカップ ベスト10ゴール選出
※FIFAフットサルワールドカップ日本代表歴代得点数トップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • hukuda

  • banner_bunka_1

  • banner_pwc_1

  • under

  • side-B

  • 福島会計バナー

  • SPORTS PROGRAMS ba